PERSON 参加団体の「人」を知る

お茶の間ゴブリン「岡村佳代子」の芝居づけ

お茶の間ゴブリン/岡村佳代子
桐朋学園大学演劇科の同期である升 望・岡村佳代子・小川大二郎により2013年結成。声優・ミュージカル・コメディと異なるジャンルで活躍している3人が、大学卒業以来10年以上経ってから再会結成という奇跡のユニット。したまち演劇祭では、コンセプトの「悪戯」を花やしきで!?なんてピッタリなんだ…

芝居を始めたころ

ミュージカルへの憧れ
初舞台は3歳。両親が出演していた「てのひら劇場」にて子役デビュー。春が来るシーンで舞台を駆け回るだけのチョウチョ役でした。写真は幼稚園でのお雛祭り。
小学生の時に見た映画「ウエスト・サイド・ストーリー」に衝撃を受け、それからは色々なミュージカルのビデオを見ながら、一人で全役を演じる“一人通し稽古”をして遊ぶ日々。
小さい頃からの習い事(ピアノ、モダンダンスなど)も今に繋がっていると思います。

マイベストシーン

ステップスミュージカル
関東国際高校演劇科→桐朋学園大学演劇科と芝居漬けの学生時代を経て、大ファンだったミュージカルカンパニー・ステップスエンターテイメントへ所属。
東京での本公演はもちろん、旅公演や学校公演など本当にたくさんの経験をさせて頂きました。
解散までの13年間、ステップスで学んだ全てが私の財産であり誇りです。
また劇団内でコーラスグループを結成したことをきっかけに、シンガーとしてライブ活動も。

現在

お茶の間ゴブリン
ステップス最後の公演をたまたま同じ日に観に来てくれたのが、大学同期の小川大二郎と升望。
終演後飲みに行き、コメディ俳優の大二郎・声優の望・ミュージカル女優の私という全く違うジャンルで生きてきた3人で何かやれたら面白いね、との話になりました。
ほぼ社交辞令だったのに、その後すぐ大二郎から電話があり「劇場を押さえたよ」と。
そんな形でムリヤリ始まったのが、お茶の間ゴブリンです。今はここが私の居場所。
これからも笑いあり涙あり悪戯たっぷりな“大人のファンタジーコメディ”をつくり続けます!
…あれ?私の人生、芝居しかしてないな…

text by お茶の間ゴブリン

RELATION REPORT 関連する記事のご紹介

PAGE TOP
FOLLOW US
Twitter
Facebook