STAGE 参加団体の芝居を知る

勝率5割からの挑戦

パフォーマンスユニットTWT/木村孔三、四大海、阿部遼哉
劇団紹介:2014年設立。プロデュースユニットのため、公演のレギュラーメンバーは役者に声優にダンサーにと幅広い。演出は劇団S.W.A.T!座長の四大海が務め、軽妙洒脱な舞台を創り続けている。主としてきた書き下ろしの現代劇からの意欲作。
 
 

1985年、日航機が御巣鷹山に墜落、NTT発足、スーパーマリオブラザース日本発売、夕焼けニャンニャン放送、松田聖子結婚…。
この年、唐十郎作「ジャガーの眼」初演。そして「今回は、その時代の熱気をそのまま持って来ようと思ってます」というTWT主宰でプロデューサーの、木村孔三が生まれたのも1985年。

昨年上野ストアハウスで公演をしたときに、雑談の中から、ごく近所に唐十郎の自宅があったということを知る。そこで同じ台東区の演劇祭応募の際に、軽い(!)気持ちで「唐十郎作品を」と書いたら当選してしまった。

「うっ、って思って。で、覚悟して、四大海さんに、あの、唐十郎をやることになりそうなんだけど、どうですかね?って聞いたら「『ジャガーの眼』がいいんじゃないかな」って、言ってくれたんで。じゃあ、やってみようかな?って(笑)」

 

 

TWTの演出を手掛けるのは、劇団S.W.A.T!の座長でもある四大海。
卒論で唐十郎をテーマに書いたというほど「好きだったんですよ。唐さんを知って、状況劇場を知って、花園神社(の公演)とか行ったりして。帰るときにね、音楽が耳に残ってて、それを口ずさみながら靖国通りをスキップして帰った(笑)」

だが、難解だというイメージが強い唐作品なので、正直キャスティングにも苦労した。「台本渡して不安になっちゃう人もいるし(笑)。会って、二、三時間、熱意を伝え続け、それで勝率5割くらいですね」

TWTの面白さは、おそらく、木村のこういう誠実さの中にある。
大学を出て、演劇の仕事をしながらも「自分がやりたいものに時間を費やすには自分でやるしかない」とセルフプロデュースの道に。

そんな木村の熱意に?「いえ、僕は、唐さんという名前だけで口説かれましたけど」と出演者の阿部遼哉。
「台本読んでも全然わからなかったです(笑)。でも、僕、逆に良かったと思ったんですよ。全然わからない人がいないまま、舞台作ることにならないでしょ。僕が教えてもらいながら稽古でやって、それをお客さんに、伝えられたらいいかなと」

それでも不安な皆さまには「言っちゃえば愛の物語だよね、ものすごくわかりやすく言っちゃえば」という演出家の力強いメッセージをお届けしたい。

ちなみに世界的なヒット曲「We Are The World」の発売も1985年。
あ、関係ないですかね。

text by パフォーマンスユニットTWT
パフォーマンスユニットTWT ジャガーの眼
日時1.10(水)19:00
1.11(木)14:00/19:00
1.12(金)14:00/19:00
1.13(土)13:00/18:00
1.14(日)12:00/16:30
※開場は開演の30分前
開催場所上野ストアハウス
『生きるのも皆他人 死ぬのも皆他人 愛するのも皆他人』死んだ愛犬を抱く少年。形見のリンゴを探す女と私立探偵。何人もの目を渡り歩いた角膜「ジャガーの眼」を手にした青年。それぞれの葛藤は複雑に絡み合い、やがて一つの大きな渦となっていく…1985年、盟友・寺山修司の命日に合わせて新宿・花園神社で初演された唐十郎の代表作を初演時の戯曲にて上演!2018年、唐十郎縁の地に立つ上野ストアハウスで、あの熱狂が蘇る!!!

RELATION REPORT 関連する記事のご紹介

PAGE TOP
FOLLOW US
Twitter
Facebook