演劇祭が開催される区内4地域の魅力をご紹介!
-------〈 谷中エリア 〉-------

夕焼けと猫に招かれ福めぐり

「こち亀」こと「こちら葛飾区亀有公園前派出所」を片手に谷中散歩。

え?あれは葛飾でしょう? いえいえ、第64巻ではなんと主人公の両さんが

上野の下谷第五派出所に出向警官(!)として出向くのです。

y-001.jpg

▲『友情はいつも宝物』碑

こちらは、浅草寺境内にある「両さん」の碑。両さんは浅草生まれ。したまちと両さんって本当にご縁があったんですね。

 

両さん、谷中のシンボルであるヒマラヤ杉の下でロマンスの仲介をしたり、

徳川慶喜や多くの文人たちが眠る谷中霊園で遊んだり、

愛玉子を食べたりと谷中を大満喫。

y-002.jpg

▲徳川慶喜のお墓

 

谷中霊園の中にある徳川慶喜のお墓。

慶喜公は、維新後、公爵の地位を授けてくれた明治天皇に感謝して、

このような「神式」の円墳を建てたそうです。

よく見ると旧吉田屋酒店(下町風俗資料館付設展示場)や

カヤバ珈琲などもリアルに描かれていて楽しくなります。

ぜひ見つけてみてください。

y-003.jpg

▲旧吉田屋酒店

少し前の生活が覗ける酒屋さんが公開展示。徳利を持って行ったら売ってもらえそうな雰囲気。

 

そして両さんももちろん歩いただろう、 夕焼けだんだんから谷中銀座へ。

テレビでおなじみのメンチカツやお惣菜、行列のできるかき氷、

可愛い雑貨にネコたちも...! 谷中へは〈お腹〉と〈お時間〉に余裕をもって。

谷中銀座と交差するよみせ通りへと出たら、 優しい延命地蔵様にお詣り。

劇場はすぐそこです。

y-004.jpg

▲よみせ通りの延命地蔵

長野県の南佐久からお招きしたそうです。

延命はもちろん、お詣りした人の願いを叶えてくださる有難いお地蔵様だそう。

 

かるがも行進曲/局地的地球防衛軍 9.4(木)-7(日)/ 戸野廣浩司記念劇場 舞台は、何処にでもありそうな公園。ある日、男は謎の男から、あるアンケートを受けることになってしまう。男は何事もなくアンケートに答えて、また何もない普通の生活に戻るはずだったのだが…。これは1つのアンケートから非日常的な事態に巻き込まれてゆく...
紺野美沙子/朝倉文夫の彫塑に触れ、語りとの出会いを楽しむはなし 8.29(金)/朝倉彫塑館 明治から昭和の日本彫塑界をリードした彫塑家・朝倉文夫が自ら設計したアトリエ兼住居。数々の彫塑に囲まれて、日本語の美しさ、語りの豊かさをお楽しみください。
PAGE TOP