演劇祭が開催される区内4地域の魅力をご紹介!
-------〈 下谷エリア 〉-------

演劇祭にぴったりのパワースポット発見

日比谷線の入谷の駅を入谷交差点方面に上がる。

7月には、朝顔まつりで賑わう場所だ。

s-001.jpg

▲入谷交差点の朝顔の碑

江戸時代の朝顔市は新種の展示即売会でもあった。独創的な朝顔の浮世絵が眞源寺に掲示されているので確認を。

 


交差点のすぐ先が、入谷鬼子母神こと眞源寺。

下谷七福神の一つ、福禄寿様でもある。

ところで「恐れ入りやの鬼子母神」とは江戸時代の地口という洒落言葉。

続きは「びっくり下谷の広徳寺」。

広徳寺の門は、日光の東照宮「眠り猫」で有名な左甚五郎の設計だが、

巨匠は別仕事で弟子に図面を託したところ、誤って門を設計よりも短く作ってしまったから大問題。

弟子は割腹、門には継ぎ足しをしたという、それはビックリなお話。

ちなみに広徳寺は、今の台東区役所のあたり。

s-002.jpg

▲「蕣(あさがお)や君いかめしき文学士」正岡子規(眞源寺)

子規が晩年を過ごした<子規庵>は台東区根岸にある。この「文学士」とは、東京帝大の同期、夏目漱石のこと。

 


芸能の神様として有名な小野照崎神社は、富士塚も必見。

高さ5mの山は富士山の溶岩で覆われているそう。

毎年6月30日、7月1日はお山開きで登ることができますよ。

s-003.jpg

▲小野照崎神社

平安時代の文人小野篁を祀る。百人一首に「わたの原 八十島かけて 漕ぎ出でぬと 人には告げよ 海人の釣舟」が選ばれている。

 

砂の上の企画/おこめ 8.28(木)-31(日)/東京キネマ倶楽部 「おこめとぐ音、生きる音。あなたと食べたい、食卓のファンタジー!」 生バンド演奏による昭和の名曲に乗せて綴られる、秋田のコメ農家出身の少女「おこめ」の波乱万丈の人生とは…。俳優も奏で・歌い・踊る祝祭音楽劇!!気鋭のフードクリエイター・ik...
文学座有志による久保田万太郎の世界/樋口一葉の暮らした町でその情熱に思いを馳せるはなし 9.8(月)/一葉記念館 樋口一葉の名作を、浅草に生まれ、文学座を創立した久保田万太郎が脚色した名舞台。一葉の旧居があったこの場所で、文学座の俳優がリーディングにて語ります。ご期待ください。
こども芸術体感教室/講師:こころのねいろプロジェクト 9.13(土)/金杉区民館下谷分館(多目的ホール) “ここね”と一緒にみんなでひとつの舞台を創り上げよう!今回は、今までにない和と洋を組み合わせた踊りを、箏(こと)・三味線・尺八などの和楽器で盛り上げるよ!
PAGE TOP